The Chartered Institute of Public Finance and Accountancy, Japan Branch





A-1 会員向け最新情報

地方監査会計技術者を対象に、年次総会、セミナー、出版等、会員向けの最新情報を掲示しています。メーリングリストのメールでも情報を提供しています。
【最終更新:2019.5.16】

LGAATの日本語訳
2018年10月10日以降、LGAATのの日本語訳を「地方監査会計技術者」と改めています。会員各位に今後お願いする対応については、メーリングリストと文書(11月9日に投函)によって周知しています。ご確認をお願いします。
なお、新しい会員登録証は2019年4月に各会員名tに発送の予定です。
メーリングリスト
2018年8月23日をもって会員各位への事務連絡はメーリングリストに集約し、フェイスブックの秘密のグループである CIPFA Japan を廃止しました。メーリングリストに受信可能なアドレスを登録されていない会員各位は、至急、会員情報変更届をご提出願います。配信エラーが5回生じますと、メーリングリストからの送信は自動的に中止されます。
年会費
2018年年度分の年会費を未納の方(約30名)は至急振込みをお願いします。
年次カンファレンス2019
第6回
2019年9月16日(月・祝) 11:00-17:00
関西学院大学会館 風の間 光の間 で開催されます
特別講演
NHS Scotland 元CFO 元CIPFA President
Jhon Matheson 卿 (OBE)
会員懇親会 18:00-20:00 一部負担金 3,000 円

会員総会
第9回
2019年9月16日(月・祝)
関西学院大学会館 10:30-11:00
テキストブック
CIPFA Japan Tex
CIPFA Japan Textbook No.4
石原俊彦著『地方自治体の内部統制と監査基準』
2019年7月発行予定(2018年度のCPE教材)
CIPFA Japan Textbook No.3
石原俊彦監修 日廻文明・井上直樹編著『歴史と文化のまち 臼杵の地方創生』は、2016年12月に関西学院大学出版会から発刊されました。2017年度の会員に送付されました。
CIPFA Japan Textbook No.2
石原俊彦監修・荒木利雄著『大学経営国際化の基礎』関西学院大学出版会は2017年6月に刊行されました。2016年度会員に送付されました。
CIPFA Japan Textbook No.1
石原俊彦・山之内稔著『自治体病院経営の基礎』関西学院大学出版会が2016年9月に刊行されました。2015年度会員に配布されました。
ジャーナル
『CIPFA Japan ジャーナル』第3号は2019年4月に発行されました。
『CIPFA Japan ジャーナル』第2号は2018年7月に発行されました。
『CIPFA Japan ジャーナル』創刊号は2017年1月に発行されました。
ニュースレター
『CIPFA Japan News Letter』は、メーリングリストを通じて原則毎月、会員各位に配信されています。
フェイスブック
CIPFA Japan の Facebook 秘密のグループは8月23日で廃止しました。2014年の日本支部設立以降、Facebook は貴重な情報伝達ツールとしてお世話になりましたが、メーリングリストの整備のその活用が軌道に乗りましたので、Facebook は閉鎖されました。
MITSUNO AWARD 表彰
2017年9月18日
◇藤井陽子氏(浜田市役所)
◇末岡論子氏(浜田市役所)
◇鈴木伸佳(豊川市役所)
名誉会員 表彰
2018年9月17日
○高尾徹也氏(医師)
○下村太郎氏(臨床工学技士)
○今井学士(イマイシス)
○Dr Epameinondas KATSIKAS(Kent University)
2017年9月18日
◇吉田淳史氏(尼崎市役所)
CIPFA Honorary Member
現在、日本支部に所属するCIPFA本部の名誉会員は下記の皆さんです(順不同)。
〇 石破 茂 衆議院議員 (元地方創生担当大臣)
〇 伊藤達也 衆議院議員 (元金融担当大事) 
〇 中尾友昭 山口県下関市長 (前職)
〇 武久顕也 岡山県瀬戸内市長
〇 小川英明 大阪市行政委員会事務局長
〇 山本純子 Splendid 21 代表取締役社長
年次カンファレンス(本部)CIPFA Annual Conference
2018年7月11日(水)12日(木)
英国ボーンマスで開催されました。日本支部からは6名が参加しました。
CIPFA 本部 Council Member
石原俊彦支部長が、2019-2021年度のCIPFA本部の理事選挙(アジア太平洋地区)で当選しました。獲得投票の信頼率は全選挙区で最も高い信頼率でした。