001.png

The Charetered Institute of Public Finance and Accountancy, Japan Branch


006.png

I 1 公共サービスのイノベーションとガバナンス
  日英研究者による学術合同シンポジウム

英国エジンバラ大学は、国際交流基金(Japan Foundation)の資金援助を受けて、関西学院大学大阪梅田キャンパスで、日英研究者による学術合同シンポジウムを開催します。英国からはエジンバラ大学ビジネススクールの Prof Stephen Osborne、ウォーリック大学ビジネススクールの Prof Graeme Currie をはじめ、合計6名の研究者が来日されます。また、地域開発や都市デザインで近年英国でとみに注目されているコンサルタント会社「SNOOK」の女性起業家(創業者)も、今回のシンポジウムにパネリストとして参加が決定しました。日本からは関西学院大学・北海道大学・一橋大学・西南学院大学などから約10名の研究者が登壇します。
シンポジウムは二日間にわたって開催されます。参加申し込みは下記のこくちーずで受け付けます。参加希望者多数の場合には、参加をお断りするメールを3日前までに送信いたしますので、ご了承の上、申し込みください。
◎ パネリスト紹介 ダウンロード  ◎ プログラム(英語) ダウンロード
◎ 申し込み
 2017年11月8日(水) こくちーず ①
 2017年11月9日(木) こくちーず ②

関西学院大学大阪梅田キャンパスのご案内  こちら

2017/11/08
関西学院大学大阪梅田キャンパス 1405 教室
10:30
受付開始
11:00-13:00
問題提起 Openning Plenary
14:00-15:45
公共部門と民間部門におけるイノベーションのマネジメント 
Managing Innovation in Public and Private Serviced Deliveries
16:00-17:15
業績管理と公共サービスの改善
Performance Management and Service Improvement
18:00-20:00
パネリストを囲んでの懇親会
申込制 有料 会費5千円を予定
2017/11/09
関西学院大学大阪梅田キャンパス 1405 教室
10:30
受付開始
11:00-13:00
公共サービスのマネジメントにおけるリーダーシップの挑戦と解決
Leadership Challenge and Resolution in Public Services Management
14:00-15:45
フィランソロフィーと地域コミュニティーの発展
Philanthoropr and Community Development
16:00-17:15
公共サービスのデザインをどう有効にすすめるか
Designing Effective Public Services
17:30-18:00
シンポジウム閉会イベント
Ending Ceremony
Stephen OSBORNE
エジンバラ大学ビジネススクール教授 ヨーロッパを代表する公共経営マーケティングの研究者
Graeme CURRIE
ウォーリック大学ビジネススクール 英国における総合医療マネジメントの代表的研究者
Siv VANGEN
オープン大学教授 コラボレーションやガバナンス研究の大家
Tobias JUNG
セントアンドリュース大学教授 (Reader) 公共部門におけるフィランソロフィーの研究者 スコットランドにおける慈善活動のリーダー
Adina DUDAU
グラスゴー大学アダムスミス大学准教授 (Senior Lecturer) イノベーションやレジリエンス 経営だけではなく会計にも造詣が深い
Russ GLENNON
ノッティンガム大学ビジネススクール教授 元英国地方自治体の幹部 マネジメントとリーダーシップを研究 内部監査 アカウンタビリティにも詳しい
Sarah DRUMMOND
SNOOKの共同創設者 同社は英国で最も注目される地域経営のコンサルタント会社
石原俊彦
関西学院大学大学院ビジネススクール教授
玉田俊平太
関西学院大学大学院ビジネススクール教授
金崎健太郎
関西学院大学法学部教授 元札幌市財政局長 元和歌山市副市長
吉見 宏
北海道大学経済学部教授 前北海道大学副学長
伊藤龍峰
西南学院大学商学部教授 前福岡県監査委員
遠藤尚秀
福知山公立大学地域経営学部教授
片山良太
一橋大学大学院法学研究科准教授 元下関市財政部長
丸山恭司
愛知工業大学経営学部准教授 元岐阜県職員
井上直樹
福山大学経済学部専任講師 元奈良市職員
酒井大策
常葉大学経営学部専任講師 元摂津市職員