001.png

The Charetered Institute of Public Finance and Accountancy, Japan Branch


006.png

Ⅲ-3 地方監査会計技能士試験

2021年度より実施予定です。現在は包括的評価による認定で地方監査会計技能士の認定を行っていますので、以下は将来に向けた参考のための整理です。

◇ 試験のレベル

CIPFAは勅許公共財務会計士を正会員とする専門職業団体です。CIPFAには正会員以外に3つの会員ステータスがあります。地方監査会計技能士は、CIPFA本部の会員ステータスランクの準会員に相当する資格です。地方監査会計技能士の資格はランク3のレベルに到達していることを前提に授与される資格です。
ランク1 正会員 Full Member
 英国自治体等における事務総長・CFO・上級部長レベル
ランク2 副会員 Associate Member
 英国自治体等における財務管理担当部長・上級課長レベル
ランク3 準会員 Affiliate Member
 英国自治体等における財務管理担当課長レベル
ランク4 研修生 Student
 英国自治体等に入庁後3~10年の財務管理担当・主査レベル
 レベルは参考としてのイメージです。

◇ 試験シラバス

CIPFA日本支部は地方監査会計技能士資格を新設するに際に、CIPFA本部に「簿記会計基礎」「監査論」「地方公会計」「地方公監査」「地方行財政基礎」の5科目を、地方監査会計技能士の試験科目として計画していることを説明し、了解を得ています。CIPFA本部に提出され承認されたシラバスは、以下の通りです。試験制度導入後は、このシラバス内容に沿った試験問題が作成されます。
① LinkIcon簿記会計基礎シラバス   ② LinkIcon監査論シラバス   ③ LinkIcon地方公会計シラバス
④ LinkIcon地方公監査シラバス   ⑤ LinkIcon地方行財政基礎シラバス

◇ 試験の具体的なレベル

試験科目別の到達度水準は下記の通りです。試験科目別に受験の免除要件を設けます。現在検討中の免除要件は下記の通りです。

① 簿記会計(大学レベル)…【免除要件】日商簿記検定2級、大学・大学院における会計学または財務諸表論の単位取得、KGBSの会計学単位取得
② 監査論(大学レベル)…【免除要件】大学・大学院における監査論の単位取得、KGBSの自治体ガバナンス単位取得
③ 地方公会計(大学院レベル)…【免除要件】大学院における地方公会計関係科目の単位取得、KGBSの自治体会計単位取得
④ 地方公監査(大学院レベル)…大学院における地方公監査関係科目の単位取得。KGBSの自治体ガバナンス単位取得
⑤ 地方行財政基礎(主任主事レベル)…自治体職員としての実務経験10年以上、地方議員として1期(4年以上)、監査委員として1期(4年)以上、首長として1期(4年)以上、KGBS公共経営論単位取得

関西学院大学大学院経営戦略研究科ビジネススクール(KGBS)で、会計学と公共経営論と「自治体会計と自治体ガバナンスと公共経営事例研究と大学経営と大学経営事例研究と病院経営と病院経営事例研究の何れか最低2科目」の合計8単位の単位を取得した者は、試験制度移行後も、全科目免除により「地方監査会計技能士」の資格が授与されます。この免除制度は、CIPFAと関西学院大学との間の長年の協調関係に基づくものです(日本支部摂設立のConstitutionより)。

◇ 試験の実施時期

監査会計技能士の資格は、将来、資格試験を実施することで授与される予定です。試験実施までの間は、包括的評価による認定により資格が授与されます。試験実施に向けた計画は以下の通りです。

① 包括的評価による認定で資格を授与…地方監査会計技能士の登録者数が800名を超えるまでは、包括的評価による認定で資格の授与を行います(予定:2020年度まで)。② 認定研修実施による資格の授与…地方監査会計技能士の登録者数が約800名を超えた時点で、包括的評価による地方監査会計技能士資格の授与を終了し、所定の研修受講者のみを対象に資格の認定を行います(予定:2021年度以降)。
③ 試験による資格の授与…地方監査会計技能士の登録者数が1000名を超えた時点で、試験合格者を対象に資格を授与します(予定:2022年度)。ただし、この場合でも、試験科目の一部もしくは全部科目の免除による資格認定は継続されます。