The Charetered Institute of Public Finance and Accountancy, Japan Branch





J 委員会・部会

CIPFA Japan では、会員相互の自己研鑽と社会貢献のために、委員会・部会を設置しています。委員会では調査研究活動を行い、その成果は CIPFA Japan リサーチ・レポートとして公表されます。現在、活動中の委員会と部会は以下のとおりです。

地方公監査委員会
委員長: 馬場伸一 (0032 福岡市役所)
担当理事:遠藤尚秀 (1003 大阪市立大学)
地方内部統制委員会
委員長: 重枝克己 (0121 大阪市役所)
担当理事:関下弘樹 (0005 福山大学)

簿記会計研修委員会
委員長: 打上 勧 (0139 奈良市役所)
担当理事:井上直樹 (0014 福知山公立大学)

CIPFA Japan リサーチ・レポート

第1号 2017/08/25 地方公監査委員会 「指定管理者監査の実務ポイント」

第2号 2018

第3号 2018

リサーチ・レポートは、会員専用のメーリングリストを通じて、全会員に配布されています。会員外には配布していません。

委員会・部会設置の概要

委員会・部会は下記の概要で活動を行います(詳細は委員会部会規則に規定)。
①委員会・部会の構成員は6名以上とし、半数(但し最小5名)以上は地方監査会計技術者で構成する。
②活動は毎年事業年度を単位とする。
③事業年度ごとに研究等のテーマを設定する。
④年間予算として10万円(ただし前年度残高がある場合、インプレストシステムにより補給)を委員会・部会に配分する(予算の執行は委員長・部会長に一任する)。
⑤研究等の成果は、事業年度末までに『CIPFA Japan リサーチレポート』としてPDFファイルにまとめ代表理事に提出することを求める(後日会員にメーリングリストを介して提供する)。
⑥詳細は委員会部会規則に規定のとおりとする。その他の委員会・部会に関する事項は共同創設者の示唆に基づいて、支部長が決定する。