B-2 CIPFA 本部

◇ 理事会 Institute Council Board

CIPFAの最高意思決定機関は理事会です。理事の総数は41名で、選挙で選ばれた理事(任期2年)と、すべての会員の意見をバランス良く集約するために指名委員会が指名した選挙によらない理事(任期1年)から構成されます。理事は無報酬です。日本支部長の石原俊彦関西学院大学教授は、アジア太平洋地区の選挙区から理事に選出されています。

◇ 事務総局 Management Board

事務総局は有給の職員から構成されるCIPFA本部の執行機関です。事務総長(Chief Executive)・局長(Director)・部長(Head)・課長(Manager)・その他のスタッフから構成されています。局長級のポストに名誉局長(Chair)があります。名誉局長はCIPFA外部での活動をメインとする非常勤の有給職員で、その一人であるイアン・カルザース(Mr. Ian Carruthers)氏は現在、国際会計士連盟(IFAC)の国際公会計基準審議会(IPSASB : International Public Sector Accounting Standards Board) の会長を務めています。事務総局の事務総長(Chief Executive)は、Mr. Rob Whiteman 氏です。

◇ 年次カンファレンス

CIPFA本部では毎年、会員総会(Annual General Meeting : AGM)と各種のセミナーから構成される年次カンファレンスを英国内の主要都市で開催しています。年次カンファレンスには多数のスポンサーがつき、盛大な一大イベントとして開催されています。日本支部からも毎年メンバーが参加しています。日本支部が毎年9月に関西学院大学会館で開催する年次カンファレンスは、本部の年次カンファレンスを参考にして開催されています。


写真
2016年度のマンチェスターでの年次カンファレンス

▼ 開催年度 開催地 

 2010年 ハロゲート     2011年 バーミンガム  
 2012年 マンチェスター   2013年 ロンドン
 2014年 ロンドン      2015年 ロンドン
 2016年 マンチェスター   2017年 マンチェスター
 2018年 ボーンマス     2019年 バーミンガム(予定)

石原俊彦著 『CIPFA 英国勅許公共財務会計協会』

CIPFAの詳細は、石原俊彦著『CIPFA 英国勅許公共財務会計協会』2009年3月31日、関西学院大学出版会発行で詳しく説明されています。本書は関西学院大学研究叢書第131号です。
ダウンロードはこちらから PDF(無料です)。